ゴルファーの視力を守るためにはサングラスがマスト

ゴルファーの視力を守るためにはサングラスがマスト

ゴルファーの視力を守るためにはサングラス。

若くしてプロゴルファーとなった石川遼選手と同級生で日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズの出場権を獲得した東北福祉大学在学中でプロに転校した松山英樹選手。石川選手にしても松山選手にしてもゴルフラウンド中にサングラスを着用しています。

近頃は、以前のようなレンズの真っ黒のものから、色が入っているのかどうかはっきりとはわからない程度の物までサングラスはデザインからレンズにかけて多くの種類がでています。プロゴルファーの松山選手は大学入学当初は両目ともに1.5以上と裸眼で日常生活を問題なく送ることが出来る視力でしたが、ゴルフの実力がついて、海外に遠征に行くようになりましたが、一時期サングラスを着用せずに裸眼で海外の強い日差しの中でプレーしていたところ、みるみるうちに視力が低下して両目ともに視力が0.5以下になるまでに悪化していました。あまりに強い日差しは視力の低下を招きます。以前に比べて松山選手がゴルフのラウンド中にサングラスを着用してプレーをしているのはそういった事情があり、視力の悪化を予防しています。

野球選手では大リーグのヤンキースで活躍するイチロー選手は随分と前から日差しの強いデーゲームではサングラスを着用する姿を良く見かけます。守備の際に太陽の光を裸眼で見るとボールが見えなくなることと、自分の目を守るという点での着用であると考えられます。最近は一般の市民ランナーから野球やゴルフに限らず、水面からの照り返しのあるマリンスポーツをする方、釣り人など多くのシチュエーションで着用されています。有名芸能人やアーティストがファッションの一部として、あるいは単純に変装のためなどに大きなレンズのものを着用したり、ファッションとしてのサングラスや、スポーツをする人用に激しい運動をしても安定して着用していられるような物まで様々な仕様があり、以前に比べてなぜサングラスを着用が必要なのかという点が理解されていることから気軽に多くの人が着用するようになっています。
Copyright (C)2014ゴルファーの視力を守るためにはサングラスがマスト.All rights reserved.